読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

すこしだけの死

fragment journal

f:id:missourifever:20161020231101j:image

  • 1日になんにんぐらいの人が死ぬのかなんて知ってもきっと理解できない。
  • ただちょっと知っている人、お悔やみを伝えることもない距離の人が死んでしまったことを考えた。
  • 知らなければ、たぶんわたしが知っている姿のまま生きているだろうと思っていた。
  • そう思っていたわたしが死んだ。
  • その人たちが生きている世界の方がすこしだけ、好きだったと思う。