予期せぬ週末

  • 金曜夜は drillman の Qちゃんを偲ぶイベントだった。「偲ぶ」という言葉のしんみりしたイメージとはまったく関係がない。うちのメンバーの、「みんなQ-zoくんにはまだいろいろ言いたいことあるんやろな」というコメントがまさに的を得ている、Qちゃんはそういう人だった。よくみんなが使っているスタジオ兼ライブハウスで、爆音だしてガンガン酒を飲んで、Tシャツの形見分けをした。buoyはネタを仕込んだ上でのセッション的な演奏をしましたよ。Qちゃんのことを考えながら演奏するのは、自分たちの音楽を作るよりずっとシンプルで楽だった。Qちゃん便利やな。
  • 体調がイマイチでほとんど呑めない、呑まなければ眠いだけ、で割と早くにお暇してしまった。またね。
  • 明けて土曜、シャワーを浴びてスッキリしたせいかさらに眠気に襲われてドロドロになっていたら月顔兄弟ことケー氏&エム氏から入電。近所に居るってんで遅い昼飯に合流。のちエム氏の運転でゆすらごへ。
  • この日のアクトは TUMULUS、荒川淳(ReddTemple)、てあしくちびる風の又サニー、篠原篤一、ともりだくさん。心の準備もなくそんなに長時間ライブみられるかしらと思ったけど時々ひとりの世界に入ったり転換の間に友だちとバカ話したりして楽しめた。
  • この日は又サニー・哲夫くんの歌がすごくよかった。あとなんの情報もなく聴いた篠原篤一さんがよかった。アコギと歌だけでゆっくりそろそろと紡ぎ出される音。乾きと湿りのバランス。ときおり母音の伸びが teasi の時の一平くんを思い出させて、もっと聴いていたら口の中で感じられるかもと思った。
  • ゆすらごの緑色のコップの中ではまるっこいスダチのタネがゆっくりと上下していて、そのビジョンが彼の歌と結びついた。
  • この日の(狭い)世間の予定をちっとも把握していなかったんだけど、なんと tumulus 兄さんはこの後もう1回演奏があるとかでふたたびエム氏の車に乗り込んで東に戻る。次のヴェニューは出町柳S.O.U.。パンク・アート・ジン Trematoda 関連アーチストのグループ展、オープニングパーティーだった。
  • パンク・アートの人たちって昔からの知り合いにもいるんだけどわたし自身はそっちのシーンにはいなくて、でもそのカルチャーのあり方ってカッコいいなあと思っているのだった。みんなちょっと度を越した音楽好きで、いつ会ってもおしゃれで、ほぼ寝起きで出てきた当方はお恥ずかしい限り。久しぶりの兄さんがたにご挨拶して2回めの tumulus。DJであたたまってリラックスした雰囲気の中でいい音が聴けた。
  • そこからさらに離脱して今度はわれらが部室・ザンパノの11周年を祝いに。なんだかんだって家に近づいているのがおもしろい。オープンマイクという名称の強制バトンが回っていて常連やら久しぶりの人やらが順に演奏したり人の演奏に混ざったり。最初に行ったのはまだ店の内装工事をしている時。いろいろあったけど店もわたしもサバイヴしてるよね。頑張ってよね。
  • たいていの場所には独りで行けるし、その分人に会いたければ自分から誘うようにもしてるので、どんどん予定が決まっていくのがおもしろかった。