読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2日間のyumbo

journal music
  • FMNSoundFactoryから情報が出て速攻通しで予約したyumbo(ユンボ)2days@UrBanguild。
  • この日のゑでぃまあこんはようちゃん(dr.)とまどかちゃん(key./cho.)がお休みってことで MOON FACE BOYS からまつん(dr.)ともしょさまくん(g./cho.)が参加のスペシャルバージョン。ゑでぃまあこんといえば毎度毎度の多作ぶりと直前まで曲目・曲順が決まらないのみならず、当日に新曲を追加するなどのサディスティックな運営でつとに知られる(ウソ)ので、本番前のまつん氏しょさまくんが震え上がっていたのも無理はない。
  • 座った場所が悪かったのかまつん氏の繊細なプレイがちょっと聞こえづらかったんだけどいい感じでなじんでた。そしてようちゃんあんな飄々とした体で爆音出してんねんなーと改めて思った。もしょさまくんはこの日はバリトンギターとコーラスで、もうすっごく生真面目にハモったりしていて、でも実に MOON FACE BOYS じゃん!て感じなところがよかった。隅に置けない。
  • ゑでぃまあこんは本当に曲がいっぱいあるので私はなかなか覚えられないんだけど久々に聴いたドラマチックアレンジの『とらとらいおん』と、「オーケストラがー」て曲が特に好きでした。
  • で、yumbo。この日はリクエスト大会ということもあって、最近演奏してないという曲なども演奏されていました。わたしは
    これが現実だ

    これが現実だ

    から聴き始めたニワカなんで、きっと私の好きな曲は他の人たちが投票するだろうと思って投票しなかったんだけど、票が割れて1票から採用されていたのでやっぱりリクエストすればよかったと思いました。『人々の傘』『さびしい』はもちろんランクインしていたのでいいですけど。
  • yumbo のアンサンブルはとても独特だ。いわゆる「鉄壁のリズム隊」みたいなものは存在しなくて山路さんのドラムはすごく奔放だし、いわゆる「上手い」とはまったく違う次元でのゴツゴツした手触りのバランスがひどく真摯に聴こえる。ゲストのみやけをしんいち氏も加えた管がすごくいい。特にユーフォニウムとかホルンの、あまりソリスト向けでない楽器が。
  • 高柳さんの歌はわたしにはすごく難しい。まっすぐに放たれているはずの声が、なぜか吸引しているように感じられる。ハモニカって吹いても吸っても音が出るけど、それの「吸ってる」ときみたいな気がしてしまう。不思議。不思議だから釘付けになってしまう。
  • 2日目は yumbo、かえるさん、yumbo+かえるさんの三部構成。
  • yumbo は現在製作中のニューアルバムの曲を中心のセットということで前日よりさらに素敵な演奏。ひとつひとつの楽器の紡ぐ音が絡みあう気持ちよさ、ぐらぐらしたアンサンブルが山路さんのドラムでがーっと大きく動くところ、持っていかれる感じ。高揚感とは少し違う、風通しの良い場所で「あ」と独り声に出して座っている気持ち。
  • かえるさんソロは「にゃっ」という挨拶で始まる。「にゃっ」て。おっさんなのに。大学教授なのに。かえるさんの面白さ(っていうと怒られるだろうか)は、いろいろな物事や音楽の掴み方が独特ですごく的確だからこそだと思う。山路さんをゲストにデヴィッド・ボウイが憑依してました。
  • 第三部は澁谷さんとかえるさんが3年かけてやりとりしながら作った曲の合奏……なんだけどちょっと飲酒の配分を間違えてしまい(中略)情けない。
  • しかしとっても楽しい2日間でした。yumbo の新譜、楽しみだー。