読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

島へ

journal

f:id:missourifever:20130505153218j:plain

  • GW後半は東京。学友アイが泊めてくれて、どこでも行きたいとこ行こう!って云ってくれたので何も考えずに江ノ島をチョイスしたのは反省しています。
  • 入構制限のかかる藤沢駅からやっとのことで江ノ電に乗って、快晴の江ノ島へ降りてからも初詣なみの人混みに揉まれてふたりとも次第に無口に。
  • とにかく魚を食うぞ!とたどり着いた定食屋は長蛇の列。カップルならここでケンカになるところだけどウェイティングリストに名前を書き込んだら一旦離脱、そのへんでビールとタタミイワシを買ってさっそく一杯やりながら待つ。大人って素晴らしい!
  • 煮魚と生しらすで更に一杯やったら午後もいい時間なので潔く水族館は諦めたが、水棲生物愛好家のアイはハマグリが気になって気になってしょうがないらしく、巨大なやつを買い込む。
  • 昼飯も遅かったし、うちでハマグリ焼いて楽しもう、と相談しているところにこれまた学友のエイチ氏が「メシくおうよ」と連絡をくれたので一緒に家呑み。砂を吐かせている間に情が移ったらしいアイが「ごめんね…」といいながらグリルで焼いてくれた焼きハマグリうまかった!
  • なんかエイチ氏が盛大に盛り上がってた気がするけどいの一番に気絶。