• だれとも分かち合えないのはむしろ当たり前のことで
  • それに耐えられない弱さが問題なのだ
  • きょうもまた願望と後悔とで夢が占領されてしまう